熊本県臨床一般部門尿沈渣研修会

平成28年2月14日 熊本保健科学大学で熊本県臨床一般部門尿沈渣研修会が開かれた。今回は、部門員だけで、講義、実習を行い、熊本県内外から総勢100名程の参加者であった。沖縄、宮崎、大分、鹿児島からも参加頂いた。午前中は、4題の講義で昼から80名の参加者で尿沈渣実習を各テーブルで行った。参加者の方々、スタッフの皆様お疲れ様でした。今回の実習が今後の仕事に活かしていただければ、幸いです。

講演
①「尿定性とともに考える尿沈渣」講師:松岡 拓也技師
②「鏡検実習に関するミニレクチャー」講師:上村 弘子技師
③「赤血球形態の鑑別」講師:近藤 妙子技師
④「異型細胞の鑑別」講師:亀山 広喜技師

実習指導  一般検査部門員