第 53 回熊本県医学検査学会開催にあたってご挨拶

第 53 回熊本県医学検査学会

学 会 長 磯崎 将博

実行委員長 木下 博登

この度、第 53 回熊本県医学検査学会学会長を拝命しました天草地域医療センターの磯崎でございます。今年度は天草地区が担当することとなり、上天草総合病院の木下実行委員長はじめ天草地区会員の皆様と鋭意準備を進めているところです。

 

さて、COVID-19 の世界的なパンデミックは、医療現場のみならず、私達の日常生活から経済まで、あらゆるところに大きな影響を与えました。昨年は、大きな試練を与えられたと同時に多くのことを学ぶことができた 1 年となりました。

現在は待望のワクチン接種がはじまり、終息への大きな期待が寄せられていますが、一方で新たな変異株の出現も相次いで報告されています。未だ先行きが不透明な状況下ではございますが、それでも私達はコロナ終息後を見据えた活動を行っていく必要があると感じています。このような観点から、学会テーマを「ポストコロナ時代に求められる臨床検査技師像を考える」といたしました。開催方法は昨年と同様に WEB 開催といたします。内容は一般演題、パネルディスカッション、シンポジウム、特別講演、共催セミナーを予定しております。会員の皆様におかれましては是非とも多くの一般演題のお申込みをお願いいたします。また、賛助会員の皆様におかれましても何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。本学会が臨床検査技師の未来を考える機会になることを願っております。

開催概要

 

名 称:第 53 回熊本県医学検査学会

会 期:令和 3 年 10 月 3 日(日)

会 場:熊本県医師会館(ライブ配信のための会場となります)

開催形式:WEB 開催(ライブ配信および事前収録)

一般演題申込:令和 3 年 6 月 1 日~7 月 31 日

抄録提出期間:令和 3 年 7 月 1 日~8 月 20 日

申込・抄録提出先:牛深市民病院 河島慎一(ushp.kensa@gmail.com)まで

なお、シンポジウムおよびパネルディスカッションにつきましても、一般演題と同様の期間

での演題申込・抄録提出をお願いいたします。